様々なお仕事の求人はインターネットや口コミを利用して見つけよう

介護タクシーとは

介護タクシー会社の注意点について

介護タクシーには、2種類があります。1つ目は、介護保険上のホームヘルプサービスの内容の1つであります通院等乗降介助で利用する介護タクシーです。運転手はホームヘルパーの資格を持っており、患者さんの車の乗り降りの介助と、その前後に伴う移動なども介助を行います。また、通院先のでの受診介助なども行います。2つ目は、介護保険外での民間のタクシー会社で、車椅子やストレッチャーなどで利用することができる福祉タクシーです。介護保険上のタクシーでも、民間タクシー会社が運営するタクシーでも、利用する上での注意点として、サービス内容や、患者さんの状態をきちんと把握した上で、サービス提供をしてくれるのかきちんと確認された上で利用することをお勧め致します。

介護タクシーなどのタクシー会社を利用する上での豆知識

介護関係のタクシー会社を利用する際の情報と豆知識をご紹介します。介護保険上の介護タクシーの利用料金は、通院等乗降介助は、介護保険での1割負担ですが、運賃は別料金です。民間のタクシー会社が運営する福祉タクシーの利用料金は、身体障害者手帳や療育手帳などの障害者手帳を持っている場合は、福祉タクシー運賃助成や、福祉タクシー利用券など市町村が一部負担してくれますので、是非、ご活用下さい。また、きちんとしたサービス提供をしてくれるかの事前の判断材料としては、契約書の内容がどうか、またその契約内容をきちんと説明してくれるか、タクシー内の身分証明はきちんとされているか、患者さんの状態を事前確認をしているかなどで判断するのも安全、安心に利用でいるテクニックです。