様々なお仕事の求人はインターネットや口コミを利用して見つけよう

幅広い年齢層

幅広い年齢層の求人について

 朝刊を見ていたら、タクシー会社の求人がでていました。配属後5ヶ月間34万円保証、21〜73歳まで勤務可能。2種免許は自社経営の教習所で取得可能とのことです。まず73歳まで勤務できるという点ですが、これは高齢化社会の日本にあっては今後ますます増えていくのか気になります。タクシーの運転は比較的高齢のドライバーがみられますが、70歳オーバーといったらお爺ちゃんですよね。安全運転のイメージはありますが、ちょっとした動作などにお客さんの方が心配してしまうことが多いのではないでしょうか。とっさの判断や薄暗い中での運転は大丈夫かなと思ってしまいます。タクシー会社にとって一番やかいなことは、事故を起こされることだと思います。そのリスクを鑑みても高齢者を募集するのには、相当な問題があると思います。

人材不足の中であえて求人をだす必要性

 タクシー会社の給料は、歩合制の部分が多いと聞いています。1日に何人か乗車させてその日の売り上げが決まります。タクシー会社に売り上げの報告をし、そのうちの何割かを給料としてもらうわけですから、少しでも多く稼ぐには長距離や、深夜割り増し運賃などが狙い目となります。しかしこのことは誰もがやっており、特に深夜運転など体を酷使して働くため、事故にもつながりやすいのではないでしょうか。配属後5ヶ月間34万円保証というのもこの点では無視できません。初めのうちは、安全運転で真面目に勤務するであろうし、会社もいろいろと無理が言えるものです。欠員がでたから休みでもでて欲しいとか、急に夜勤に変更して欲しいなどです。  ところが慣れてくると、サボることを覚えたり、最悪事故を起こしたりしてしまいがちです。この期間が半年後にやってくるのではないでしょうか。人身事故までいかなくても、路上駐車で減点されたりするのも仕事に慣れてきた頃が多いようです。いずれにしても会社は真面目な運転手を抱えたがります。  そうした意味では常にリスクと向き合った仕事であるため、厳しい仕事のひとつといえるでしょう。