様々なお仕事の求人はインターネットや口コミを利用して見つけよう

柔道整復師とは

柔道整復師はどんな治療を行うの?

柔道整復師とは、厚生労働大臣が定める医療国家資格で、接骨師とも呼ばれます。柔道を起源として、西洋医学を取り入れながら発展したもので、骨折や脱臼、打撲、捻挫などに対して、手術をせずに、整復・固定による施術を行います。よく間違われやすい「整体師」は、民間資格なので注意しましょう。カイロプラクティックも民間資格になります。 柔道整復師は、「接骨院」や「整骨院」などの施術所を開業することができます。また、病院や接骨院などに勤務する柔道整復師もいます。スポーツ分野や介護、福祉の分野でも広く活躍しています。 接骨院や整骨院での施術は、保険が適用されますが、慢性的な肩こりや、内科疾患が原因の腰痛などは適用外となります。

柔道整復師が活躍する分野とは?

柔道整復師になるには、厚生労働省が許可した専門の養成施設か、文部科学省が許可した4年制大学で基礎系科目と臨床系専門科目を履修します。年1回実施される柔道整復師国家試験に合格すれば、資格を得ることができます。 柔道整復師は、独立開業が認められた数少ない医療国家資格です。接骨院や整骨院を開業できますが、最近はフランチャイズ形態も増えて、より開業しやすくなりました。また、スポーツのコンディショニングやリハビリの分野でも活動しており、プロスポーツから学生の部活など幅広いシーンで柔道整復師が求められています。さらに、介護付き老人ホームでのリハビリ、在宅ケアなどの介護・福祉分野でも、より一層の活躍が期待されています。